子供と大人のための免疫製剤。免除のためにどのような薬を取るべきか

人の現在の生活様式は、しばしば免疫系の機能不全。その理由は、好ましくない生態学的状況、ストレスの多い状況、栄養の変化、運動活動の低下、アレルゲン、ほこり、微生物の濃度が増加し、光の欠如がある部屋での長期滞在である。だからあなたは免疫薬を服用する必要があります。彼らは人体の強化に貢献し、様々なシステムや器官の病気の発症の可能性を減らします。

免疫を強化する普遍的な手段存在しません。したがって、壊れている場合は、医師の助けを求めることをお勧めします。おそらく、彼は治療のために必要な薬物を選択する結果に基づいて、免疫検査を任命するだろう。

免疫矯正療法

免疫矯正療法のために、ヒト防御システムの特定の部分に影響を与える薬物が処方される。これらには、

1.胸腺の薬。例えば、「Timogen」または「T-activin」溶液など。

2.インターフェロン。

免疫グロブリン。

4.細菌細胞成分を含む医薬品。例えば、顆粒「リモブリン」、タブレット「Likopid」。

免疫調製物

これらに加えて、他の化学または植物起源の免疫系のための調製物。酵母の薬、ビタミン、高麗人参、eleutherococcusと他の人の身体の保護機能をアクティブにするのに役立ちます。

多くの人が活動に干渉すると信じている免疫システムは危険であり、健康に有害である。この意見は間違っています。免疫矯正は、身体の防御システムの代わりではなく、その機能を刺激して正常化させるだけです。

分類

子供と大人のための免疫製剤幅広い品揃えで私たちに提示されます。それぞれの薬には独自の特徴があります。この行動範囲のすべての医薬品は非常に多様であるため、それらを記述するのに12以上のページが必要です。免疫系を強化するための薬物は、別々のグループに分けられる。私たちはそれについてさらに教えてくれるでしょう。

免疫系の準備

免疫調節剤

これは、人体の保護系全体全体における活性それぞれは選択的に行動します。その効果は、免疫系の特定の個々の部分に及ぶ。最終的な効果は多面的です。

このような医薬品には、免疫製剤 "Bronhomunal"(カプセル)、 "Imudon"(錠剤)、 "IRS-19"(スプレー)。身体の保護機能を強化することに加えて、彼らはウイルス性疾患の発症を予防および阻止する能力を有する。これらの免疫モジュレーターは非常に効率的に機能し、長期間使用することができます。ほとんどの場合、彼らは病気を完全に根絶します。

イムノモジュレーターを選ぶ際にはどうしたらよいですか?

注目してください! 免疫調節剤は中毒性がある。同時に、使用過程を終えた後、体は様々な感染症と戦うことができず、病気が再び発症する。これは、それらを長期間使用すると、免疫系がほとんど機能しなくなることを意味します。

子供用免疫製剤

この薬のグループには、2つあります: ドロップまたはAflubin錠剤およびViferon坐剤。第1の薬剤複合体は、身体の保護機能を活性化することに加えて、解熱および抗炎症効果を有する。また、「Viferon」という薬は短期間でも効果的に働きます。

免疫調節剤

これらは、破壊を受け、人体の保護システムの特定のユニットに影響を与えます。これらの薬剤は、スプレー「Immunofan」タブレット「Likopid」ろうそく「Galavit」が挙げられます。

免疫刺激剤

これらは、人体の防衛システムの反応。これらの薬物は、全体として全身に影響を及ぼす点で、以前の薬物群とは異なる。そのような薬物には、錠剤「Levamisol」、粉末「Diucifon」、溶液「Dibazol」、「Immunal」が含まれる。

KIP(複合免疫製剤)

計装機器は、急性の腸内感染症を伴う様々な病気の後の回復のための、人体の化学療法に関する。彼らには副作用があり、アレルギー反応として現れます。 KIPには、滴「Poludan」、スプレー「Timogen」、錠剤「Timaktid」、粉末「Timotin」、溶液「Taktivin」が含まれる。

アプリケーション機能

子供や大人のための免疫製剤はそうですそれらの使用は細心の注意を払って扱われるべきであるということが様々である。不適切な使用では治癒効果が得られないだけでなく、嘆かわしい結果になる可能性があります。そして、複雑な免疫製剤でさえ、一見したように無害ではありません。そういうわけで医者は治療を処方すべきです。理想的な - それが専門家の免疫学者であれば。

免疫系を刺激する調製物

薬物「伝達因子」は、

薬の市場には薬がありましたが、前任者のすべての特性を持っています。その主な利点は、欠点がないことです。これは複雑な免疫製剤「伝達因子」です。この薬は副作用がない。これは、人体に影響を与えるための彼のアルゴリズムは、古典的な薬と根本的に異なるという事実による。複雑な免疫調製物「伝達因子」は、保護系の働きを試みるのではなく、外来起源の存在について伝達するので、その作用の効率が高まる。この薬は世界に類推がありません。

専門医は、いくつかの種が無駄ではない免疫系。彼らは、それぞれの薬がその目的だけでなく、いくつかの禁忌を持っていることを覚えておくことをお勧めします。特定の薬物の特徴のいくつかについては後で説明する。

免疫賦活剤の影響

免疫刺激剤は、人体の防衛システムの細胞。彼らは、感染性の強いインフルエンザの重大感染症に不可欠です。しかし、自己免疫疾患におけるその効果は、健康に害を及ぼす可能性があります。これは、多発性硬化症、喘息のいくつかの形態、真性糖尿病(インスリン依存性)、関節リウマチで起こり得る。自己免疫性甲状腺炎もこのリストに含まれています。列挙された病気が存在する場合、保護システムは、同じ生地を異物と認識し、それらを損傷させる。刺激免疫剤はこの過程を促進する。

免疫調製物

免疫賦活剤の長期使用の危険性。交換するよりも?

長期間および無制限の使用の場合ヒトの体内の免疫賦活剤、それ自身のインターフェロンの産生が止まる。これが主要な保護物質です。それがなければ、免疫系は有害な細菌やウイルスを克服することはできません。これは患者の状態を悪化させるだけである。

薬理学的作用物質に加えて、人々自然な覚醒剤の免疫製剤が人気があります。これらには、ニンニク、プロポリス、蜂蜜、エキナセアが含まれます。最初の3つの薬は、さまざまな形のアレルギー反応を持つ人々のために禁忌です。気管支喘息の場合、ニンニクとプロポリスは非常に注意して使用してください。

免疫調節剤の影響の特徴。最も人気のあるもの

免疫調節剤の目的は選択的である身体の防衛システムの作業を変更します。それが弱くなると、これらの薬物は活動量が増加し、活動量が増加し、うつ状態になります。システムの正常状態の場合、免疫調節剤は実際には影響を及ぼさない。これは、病気の治療のための治療法を選択する際に考慮されるべきである。このような免疫系の薬物は、最も需要が高い。

ところで、多くの植物は物質を含み、これらは同時に人体の保護系の反応を刺激し、阻害することができる。最も一般的な天然免疫調節剤には、チャーガ、タラゴン、アルニカ、チョウセンニンジン、アロエ、エキナセア、カランコエ、エレウテロコッカスが含まれる。

病気の予防 - 彼らの挑発を意味するものではありません

秋冬の頃には、狩猟では、(化学物質と植物の両方の)免疫系を強化する薬物が使用されます。この問題に関する医師の意見はあいまいです。彼らの多くは、不十分な免責から過度の一歩に至るまで、それを信じています。いずれの薬も服用するのは適切ではありません。自然療法は化学薬品よりもはるかに柔らかいという事実にもかかわらず、治癒的であることを忘れないでください。

免疫システムは、「拍車をかける」必要はありません予防。彼女はそれを必要としません。免疫力が低下すると、彼女はただ助けてください。これは、主に重度の病気の移送後の期間に関連しています。残りはビタミンを取り、健康的なライフスタイルを導くのに十分です。

風邪のための免疫製剤

赤ちゃんに病気をさせてください!

しばしば病気で罹患しやすい子供風邪、低免疫が観察される。近年、ARVIが治療されていない子供では、多数の合併症が確認されています。この理由はしばしば両親の急ぎです。彼らは急いで、病気の後に学校や幼稚園に子供を送り、最終的に回復する機会を与えることはありません。その結果、ARIの後には、たとえあなたが風邪のために最良の免疫薬を使用していても、合併症があります。

子供を呼吸器から完全に保護するウイルス性の感染は不可能であるだけでなく、必要でもない。このような疾患に対する子供の将来の免疫性は、以前に移されたARVIに起因して徐々に形成される。したがって、状況を合併症の発生に持ち込まないことが重要です。これを行うには、子供が自宅で病気になるのに十分です。

免疫抑制薬

免疫システムを刺激するすべての薬物ではなく、人体の防衛システムの機能を強化することができます。修復薬を使用すると、いくつかの問題のみが解決されます。上に列挙した全ての薬物群に加えて、例えば臓器移植における異種移植片の拒絶を防ぐために使用される免疫抑制剤が1つ以上存在する。

治療単独では必ずしも十分ではない回復手段。それは免疫抑制剤が救助に来る時です。保護システムは、しばしば、それ自体が、再発性の再発性病気に対処していない。例えば、狭心症または肺炎、耳炎またはフルクヌーシス、自己免疫疾患またはアレルギー性疾患、腸障害を伴う。

何を取る?

しばしば、分類に注意を払わない薬物と病気の種類、人々は最高の免疫薬を探しています。しかし、あなたがこれらを購入する前に、それが上記のように健康に害を及ぼさない、この場合にそれらが適切かどうかを調べる価値があります。

ARVIとインフルエンザ

インフルエンザやSARSを予防するために、以下の免疫薬を使用しています:

インターフェロンの誘導物質。例えば、カプセル「Arbidol」、注射用溶液「Neovir」、錠剤「Amiksin」。

化学的に純粋な錠剤、例えば、「ポリオキシドニウム」。

3.インターフェロン。例えば、スプレー「グリップフェロン」。

4.植物性の手段。たとえば、 "Immunal"をドロップします。

核酸を含有する薬物。たとえば、ソリューション "Derinat"、タブレット "Likopid"。

イムノモジュレーター。

季節性疾患の排除

季節性感染症の症状を既に取り除き、それらに伴う合併症を予防するために、以下の免疫薬を使用します:

1.インターフェロンの誘導物質:注射用注入「Neovir」、錠剤「Kagocel」および「Amiksin」、カプセル「Arbidol」。

2.野菜調製物:糖衣錠「Tolzingon N」は、「免疫」を落とす。

3.殺菌剤:スプレー「IRS-19」、カプセル「Bronchomunal」。

インターフェロン。

イムノモジュレーター。

頻尿および慢性的な風邪の治療薬

複合免疫複合体

上気道の慢性的な病気に罹患していることが多い患者の場合、季節前の期間における悪化の頻度を減らすために、次のような免疫製剤を使用することが推奨される:

1.タイミング薬。たとえば、Tactivinの注入。

2.微生物薬:顆粒「Ribomunil」、カプセル「Broncho-Vacum」

核酸を含む調製物。たとえば、ソリューション "Derinat"。

イムノモジュレーター。

このような薬物のリストは、身体の防御システムの活動の減少とともに推奨されます。あなたが病気にならないことを願っています!

</ p>
気に入った点 -
0
関連記事
効果的な抗菌薬とその
免疫調節しているもの
寒さからスプレー
咽喉のための抗生物質 - その場合
医薬品:免疫刺激
子供用抗ウイルス薬
インフルエンザを治療するよりも。主な薬物
ヘルペスおよび治療の原因
最も一般的な免疫刺激剤は
人気の投稿
アップ