母乳育児のための薬「ノーシャ」

誰も誰の秘密でもない妊娠中の女性と授乳中の母親は、理想的には何も投薬を受けていないはずであるという勧告。しかし実際の生活は専門家の勧告とはほど遠いので、実際には、授乳期に鎮痙薬「ノー・シャパ」を処方する場合に対処する必要があります。

薬「ノー・シャンパー」 - 安全かつ効果的な鎮痙剤

産後期間には、ほとんどすべての女性は腹部および骨盤領域で不快な痛みを経験する。これらの不快な症状の原因は、産後期間の内部生殖器官の不均一な切れ(痙攣)である。このような痙攣性の収縮は、生殖器管からの流出を妨害し、産後の敗血症の合併症を引き起こす可能性がある。そういうわけで、医師は母乳育児のときに鎮痛剤「ノー・シャンパー」を処方するのです。

この薬は一人でそれの治療用量での適用は、新生児および母乳を与えられた赤ちゃんに悪影響を及ぼす。そのため、短期間欠薬の処方で乳房から離乳させる必要はありません。授乳中の「ノシャー」は母乳中に排泄されるため、体内に入りますが、短期間の薬物治療は赤ちゃんの体の呼吸器や血管運動の中心に影響しません。

長期間コースに処方されている薬「ノーシャー」はどうすればいいですか?

非常にまれに、これが授乳中の母親の薬剤は十分に長いコースを取る必要があります。この場合、母乳育児は処方される可能性があるが、母親と子供を見る医師は母乳育児を続ける価値があるかどうかをアドバイスするべきである。

母親の状態が短期間の治療 - 2〜3日以内に行えば、母乳育児のための希望がある場合は、新生児または乳児を母乳代替物に交換する必要がありますが、スプーンまたは注射器から交換する必要があります。母親の状態がより長い治療を必要とする場合、大部分の症例において母乳育児のための「ノー・シャパ」という薬剤を任命するには、自然摂食の停止が必要です。これは、非経口投与のための錠剤または溶液のいくつかの成分が、子供の体に望ましくない毒性作用を及ぼし得るという事実による。そのため、この有効な鎮痙剤は、小児期の小児科の診療には使用されません。この薬は6歳未満の子供に処方されていません。

どんな形で薬ノシャーを処方する方が良いですか?

乳房に「ノー・シャパ」という薬があることは記憶しておく必要があります給餌は、母と子の両方を監督する資格を有する医師によって開始されなければなりません。看護医師のアドバイスに、この薬を服用する前に、彼の病気の原因の正確必ず女性と、彼女の状態は、資金の全身投与を必要としない場合にのみ、規則の例外が発生することがあります。

特別な違いはありません、薬が取られますシンプルな錠剤の形で母乳「ノースパません」、薬「無スパフォルテ」または注射による - はどのような場合でも、母乳中に分泌部品薬で、それを収集し、授乳時に子供の身体を入力してください。医師は、可能性のあるリスクと乳児の利益と母親の利益とを関連させ、薬物のマイナス点を最小限に抑えなければならないという規則があります。それは体系的な入場の時、子供の身体に対する薬物の負の影響の大きすぎる危険性 - 私たちは、ミルクの分離規制のため、この鎮痙を取ることをお勧めします従来の知恵は、悪いサービスを持つことができることを覚えておく必要があります。

</ p>
気に入った点 -
0
関連記事
カルシウムの準備が必要です
「5ノック」という薬は、
食べるときに何を食べるべきか
授乳中のバレリアン:いつ
効果的な薬物「フィトリジン」、指示
"ピラントール":使用説明書と
授乳中の体温。何をするか。
レディースフォーミュラ - あなたの体を強化する
準備をすることが可能かどうかは、 "Otsilokokcinum"
人気の投稿
アップ