赤ちゃんが鼻を息を切らないとどうなりますか?

鼻呼吸障害(鼻が呼吸しない時)様々な合併症の原因、生活の質を低下させる、深刻な不快感をもたらす共通の病態、を参照してください。頭痛の鼻と鼻の鉛の不規則性、副鼻腔炎、慢性鼻炎、ポリープ症、咽頭炎、いびき、栄養血管ジストニア、慢性気管支炎、疲労、うつ病、神経症、脳での問題、子どもの精神発達の遅れ。

鼻が呼吸しない子供を見ると特に痛いです。どのように幼児の寒さを治療する?

鼻が幼児で呼吸しない場合は、カモミール、塩水の溶液で洗浄する必要があります - 1杯の水の中に塩のティースプーン(またはわずかに少ない)。この手順を実行するには、完全な吸引ポンプを募集し、赤ちゃんの鼻孔に注入する必要があります。 2番目の鼻孔を締め付けるべきではありません、それはそれを通してsnotを出すでしょう。シンクの上に赤ちゃんを顔を下にしておきます(子供の背中で同様の処置をすることはできません!)。鼻水が長時間続く場合は、コラーゴールまたはプロゴルゴールを使用して掘り下げる必要があります。アパートには十分な湿度が必要です。

医師は伝染性の寒さの発生を説明する病気(ほとんどの場合)。このように、体はウイルスの中和物質をたくさん含む粘液を分泌する感染の拡散を止めようとします。
鼻が呼吸しない場合の主な仕事感染性鼻炎は、粘液が乾燥するのを防ぐことです。そのような場合には、加湿されたクールクリーンエアーが必要となります。子供には通常の飲み物を与えるべきです。粘液が乾くと、赤ちゃんは鼻で呼吸することができず、口から呼吸が始まります。結果として、鼻水が粘液の肥厚および気管支内膜の乾燥を招き、気管支炎または肺炎の始まりとなり得る。

最もシンプルで使いやすいツールを使用一般的な風邪の制御のために、塩のわずかな添加水である通常の生理食塩水です。赤ちゃんが鼻で呼吸しない場合は、任意の頻度でこの溶液を注入し、各鼻孔に3-4滴を注入することで、過剰摂取を恐れる必要はありません。

赤ちゃんのカタラーは、エキテリテイダ、消毒効果の弱い油性液体。オイル薄層の組成に含まれるのは、子供の鼻粘膜を覆い、乾燥を防止する。ワセリンまたはオリーブ油、トコフェロールまたはレチノール(ビタミンEまたはAの油性溶液)は、風邪に対処するのに役立ちます。これらの溶液は、2時間ごとに2滴ずつ投与される。彼らはまた、生理食塩水と組み合わせることができます。上記の方法はすべて副作用がありません。

結果として鼻が呼吸しない子供血管病変のドロップ(ナゾール、ガラゾリン、ソノリン、ナフチジン)を充填する必要はありません。鼻が妊娠中に呼吸しない場合、赤ちゃんの場合のように治療が最も適しています。子供の鼻水は、それが妨害されなければ、それ自体を通過するでしょう。

鼻の呼吸は他の人にとっては難しい理由。アレルギー性、血管運動性、肥大性鼻炎の結果として、鼻甲介が増加すると外乱が生じる。呼吸は、鼻中隔、ポリープ、アデノイド、鼻の外側部分の外傷性変形の湾曲で複雑である。

そのような場合、それはかなり異なる治療。耳鼻咽喉科医は、鼻呼吸を回復するために多くの経験を蓄積してきた。いずれの場合も、その治療は医師の個々の検査のために処方することができる。したがって、鼻の耳甲介(粘膜下焼灼)、レーザー、血漿 - アルゴン、および電波効果の焼灼によって、鼻の液滴依存性に起因する血管運動性鼻炎が排除される。中隔の湾曲は、骨または軟骨の欠陥のある断片の除去によって成人期にのみ矯正される。両方の疾患が定常状態で組み合わされる場合、これらの異常を排除するために複合介入が行われる。鼻ポリープ症は、従来の方法(ポリトミー、レーザー蒸発)と比較して長期間の効果を与える、内視鏡性ポリーポテモドーマミーの方法によって治療される。

覚えておくべき最も重要なことは、鼻呼吸のあらゆる違反に対して、子供(および大人)は医学的援助を求める必要があり、投薬だけを処方する必要はないということです。

</ p>
気に入った点 -
0
関連記事
子供の体温を下げる方法は?
医者が来る前に何をするか
鼻は呼吸しません。何をするか、どのように対処するか
語句は "香を吸う":意味、
私たちは自分の手でガーゼおむつを作る
数か月前の未熟児の発達
私は赤ちゃんがどのように前に食べるのだろう
妊娠中のナジビン
子供は開いた口で眠ります:理由。それは価値がある
人気の投稿
アップ